京都 芝田和風店は、京都の地で永年浴衣、半纏、暖簾、風呂敷その他和装関係の仕事に携ってまいりました。 多くの皆様にご愛用いただけるような商品づくりを心がけ、日々励んでおります。

また当店では、お仕立上りの浴衣販売だけでなく、浴衣のオーダーメイドに特に力を注いでおります。 お客様のオリジナリティー溢れるこだわり浴衣を大切にお仕立てするために、生地・染め・縫製など細部に至るまで、全て国内の一流職人の手により、一品一品丁寧に仕上げてお届けしています。 これこそがお気に入りの浴衣を末永くご愛用いただくための芝田のこだわりだと自負しております。 当店でお仕立てした浴衣が、皆様の大切な思い出作りにお役に立てますよう今後もこだわりを持ちながら努めてまいります。

生地へのこだわり

policy_img_001a

オーダーメイド浴衣には、主に国内で織り上げた綿100%の徳岡(とくおか)生地やコーマ生地などを使います。

徳岡生地は手ぬぐいなどにも使われる生地で、使い始めの糊が効いているうちは、やや硬さがありますが、使い込んでいくうちにしっとりとした滑らかな肌触りとなり、吸水性も良くなりますので、浴衣用生地として特にお薦めしています。

またコーマ生地は、木綿糸を高度に精練したコーマ糸を用いて織った綿織物で、生地のツヤや染めた時の柄の出方が大変美しい生地です。

染めへのこだわり

policy_img_002a

オーダーメイド浴衣の染め工程は、京染めを中心に、大阪、浜松など染め方によって最適な国内の産地をセレクトいたします。

浴衣の染めとして代表的なのが「注染」。
布を染める歴史ある技法のひとつで、職人の手作業により、繊細で、深みのある色合いに染め上げられます。

【注染の特徴】
・通気性がよい。
・仕立てる際に表裏どちらでも使える。
・清水で洗い天日乾燥をする故にやわらかく肌に優しい。
・水ぼかしなどによりやわらかく優しい柄の表現が可能。

仕立て(縫製)へのこだわり

policy_img_003a

オーダーメイド浴衣のお仕立ては、お客様のご予算やご要望により、全てミシン縫製による場合と、ミシンと手縫いを併用する場合がございます。

いずれも国内の一流職人によって一品一品丁寧にお仕立てしております。

【国内縫製のメリット】
・お客様のご要望、こだわりを反映させやすい。
・海外縫製に比べ小ロット、短納期でお仕立てできます。
・仕立て職人に着物心があるので、安心して仕立てを任せられます。