京都芝田和風店ブログ

月別アーカイブ: 2021年3月

桜花爛漫の季節になりました。

IMG_0023 IMG_0027 IMG_0032 IMG_0039 IMG_0010ユーザー皆さま、こんにちは!

3月もあと2日で4月です。1月から3月までは「ゐぬ、にげる、さる」と表現されますようにアッという間に過ぎてしまいます。

桜の開花も京都ではもう満開ということで昨日、八坂神社まで行ってきました。

今までの市内の状況とは大違いで、なんと人出の多いこと。四条通りは大勢の人でごった返しています。八坂さんの桜も満開で多くのお客さんを歓迎しているようです。

私も写真を撮り終えて早々に退散致しましたが、皆さんは行儀よく桜の花に酔いしれておられる風情でした。大勢の方がお見えになっているにも関わらず、実に静かに雰囲気に浸っておられる姿に日本人のマナーの素晴らしさに感動致しました。

コロナの感染も高止まりの傾向のようですが、1日も早い終息を願うものです。

3月29日   京都 芝田和風店

 

南海トラフその時京都は?

ユーザーの皆さま、こんにちは!

先日京都新聞一面に気になる地震の報道がありました。

今後30年内の発生確率70%~80%とされる「南海トラフ地震。」未曽有の巨大災害が起きた時、西日本の太平洋湾岸部は広範囲で最大震度7の揺れと大津波に襲われ、東日本大震災をはるかに上回る被害が想定される。「最悪のケース」の場合、京都府や滋賀県はどのような事態に見舞われるのか、専門家や行政への取材を基にシミュレーションした。(震度の地図掲載。)

府南部震度6強最悪被害シミュレーション

古い民家倒壊 死者860人

何が起きても不思議ではない時代。お互い気を付けて過ごしましょう。

令和3年3月14日

東日本大震災きょう10年

ユーザーの皆さま こんにちは!

平成11年3月11日、大震災と福島原発の爆発事故から10年。11月に入りマスメディアでの今までの経過報道に喜ばせて頂いたり、心痛んだり。全力で取組んでこられました。しかしすべての終息までには時間を要すことでしょう。

コロナウイルス感染症も変異ウイルスに変貌し感染者も下止まりの様相です。

明るい話題が少ない場合の対応は如何?本当に困りました。

次回こそ明るい話題を!。

令和3年3月11日  京都 芝田 和風店

 

世界経済に「k字回復」が見られる。

ユーザーの皆さま、如何おすごしでしょうか?

新型コロナウイルスの影響で、世界景気が落ち込んでいる中、「凡語」に掲載されていました。

大きく空へ飛び出し、テレマークを決めて着地する。スキージャンプ女子の大会で活躍する高橋沙羅選手。k点を超える大ジャンプが見せ場の一つだ。▶ジャンプの協議用語「k点」はドイツ語で建築基準点の頭文字にちなむ。ジャンプの距離によって加点と減点の分かれ目となる重要な地点だ▶最近kの文字がよく話題に上がる。新型コロナウイルスの影響で疲弊している世界経済に「k文字回復」が見られるというのだ。上向きの線と下向きの線に分かれたkの形は、富裕層はさらに富み、貧しい人が一層落ち込む状況を表している。▶実体経済はマイナス成長にもかかわらず、日経平均株価はバブル期以来の3万円越えをした。各国の金融緩和と財政出動で余った巨額のマネーが株式市場を踊らせている。▶一方で勤労者の実質賃金は、10ヵ月連続で低下を続けている。市中に金が回らず、街ではいつの間にかなじみの店が閉まっていく。株高で一部の富裕層の資産は増えたかもしれないが、「持たざる」市民らの苦境はコロナ禍で一段と深まっている。▶さらにk点の由来をたどれば、これ以上飛ぶと危ない「極限点」の意味もある。いっそうの格差の広がりは、社会全体にとって危険な兆候にもみえる。コロナ後を見据えてうまく着地できる道筋を探らねばならない。

京都新聞 凡語より